FC2ブログ

停電が続く千葉へ

SNSで千葉の南房総が大変という情報を見て、物資を届けに行きました。
このままでは5日以上も停電と断水が続くとか…。冬の朝に水道凍結するだけでも途方に暮れてしまうのに、お水無くしてどう過ごせば良いのでしょうか。普段享受している当たり前の事って、本当に当たり前の事じゃない…。


P_20190912_183749 (1)
18時半に物資受入先に到着してみると、あたりは停電で暗く、信号機も点灯していませんでした(明るい時間、高速道路からの時点で、ブルーシートが張ってあるお家が沢山見えました)。給水や食料の配給は役所や学校であるようなのですが、一人暮らしの高齢者や、移動が大変な方はどうしているのだろう。障害を持つ友人や後期高齢者の母が同じ境遇にいたらと思うと、なおさら怖さが募り、涙が出ます。昨日まで続いた暑さでも、消耗の激しい方が多かったのではないでしょうか。安否確認ボランティアしたい。犯罪に繋がってしまいそうなので無理かな…。


RIMG0114 (1)
防災食品をご寄付くださりながら、「体を拭くシートがあります。断水の地域で役立つのでは。」と追加でご寄付くださいました、多摩市のミツミ電機株式会社様、優しく温かいお心配りに心から感謝します。現地で一番に足りなかった物のようで、受取ご担当の皆様から喜ばれました。今回の被災地への物資運搬は、ミツミ電機株式会社様からのご寄付が決まっていたからこその行動で、今回の流れの発端です。

いつもお菓子のご寄付をくださる、株式会社山水様からの食品もお届けできました。きっと子ども達に喜ばれると思います。
上記頂きました物資にシェア・マインドからはお水とブルーシートを加え、現地にお届けする事が出来ました。

昨日までは情報を調べながら「現地まで行けるのだろうか」と迷うばかりだったのですが、女優の石田ひかりさんが鋸南小学校へ寄付をした という情報を見て、確信を持って現地に向かえました。影響力のある方の発信は、やはり素晴らしいです。私以外にも、彼女の発信がきっかけで行動に移せた方が多いのではないでしょうか。

最後に、力の要る物資の積み込みと荷下ろし、道中一緒に付き添ってくれた太田さん(しごと仲間)、感謝です。一人じゃ首都高で迷子になっていたと思います。

※補足:食料の寄付は既に足りているという情報があり、一方で足りていないという声もあります。断水と停電の中、、ボランティアさんだけで物資を届けきるのは限界があると思います。どうかボランティアさん方の心身も守られますように。
※通信状況:9月12日の午後7時時点で、私が使っている格安SIMでは、帰路はグーグルナビやWEBがオフラインになってしまいました。東京から現地に行く時は使えて、間違い無く到着できました。同乗者のauでは、帰路でのナビもバッチリ。キャリアや地域によって、情報収集しやすい方と、そうではない方がいるのではと思いました。
スポンサーサイト



 フードバンク多摩

0 Comments

Leave a comment